2011年12月31日

初めての流氷、オホーツクへ・2006(中編)

砕氷船船がオーロラターミナルに戻ってきて、網走駅行きのバスバスまで
少し時間時計があるので、ターミナル内のお土産を眺めながら時間潰し。
降りてきた人達が皆見ているので結構な混み具合。
凄い人だな、と思っていたのですが、もっとビックリしたのは次の便に乗る人の行列。
『な、なんだこりゃ目?』

建物の外まで続いているよがく〜(落胆した顔)
臨時便船に乗った時はこんな行列なんてまったく無かったのに。
激混みじゃないですか、これは。
建物ビルの外に出てみると朝はまったく居なかった観光バスバスが少なくとも20台は止まっている。

『マジッすか、俺はこの便を予約していたんだよな…たらーっ(汗)。』

これじゃ、船内で身動きも取れないでしょ。
こんなのには乗りたくないな〜。

網走の砕氷観光船に乗る時は臨時便船をお勧めします。
現在はアジア系の観光ツアーで激込みの様子。
臨時便はツアーに組み込まれないので臨時便船が良いと思います。
朝早いけど…あせあせ(飛び散る汗)

バスバスで網走駅に戻ってきて、この後の行動予定は当初は釧網本線電車に乗り、
北浜駅で降りて濤沸湖に向かい、白鳥を見る計画だったのですがー。
しかし直前になって予定変更。これから向かう場所は網走湖exclamation×2
ここでイベントイベントが開催されている事を知って
タクシー車(セダン)で一路網走湖畔へε=ε=ε=( ‥)。

イベント名は“2006北の新大陸発見、あったか網走”

このイベント、網走湖が凍結している期間のみ、冬のイベントを開催しています。
昼間は氷上バナナボートやスノーモービル、4輪バギー、氷上滑り台、歩くスキー、
9人乗りの本格的雪上車で豪快なアップダウンコースを体験乗車なんていうのもアリ。
夜は熱気球や花火大会などが行われ、綺麗なライトアップの景色が楽しめます。
つまり参加型のウインタースポーツ体験イベントイベントという催し。

バナナボートにも興味はありましたが目
2006流氷6.jpg
何といっても一番乗りたいのがスノーモービル。
人生でのモービル初搭乗がこの時でした。

早速スノーモービルのチケットチケットを購入。
当然ツアーコースを申し込む。
長く乗りたいから初体験だけど長距離を選択。
6kmで確か3000円だったかな?

最初は体験コースのトラックを試し乗りさせてくれました。
意外と身体が引っ張られるあせあせ(飛び散る汗)
でもパワーを上げないと止まって動かなくなりそう。
だけどあんまりパワーを上げすぎると曲がりきれなくて横転しそうになります。
難しい…ふらふら

練習を終了して、いよいよツアーコースに出発。
インストラクターの人に先導してもらい、網走湖の奥の方へ。
氷上は雪上と違って結構凸凹がありコースを間違えると転倒の可能性もあります。
気をつけながら氷上クルージングを楽しむ。
周囲の霧氷が凄く綺麗で景色が最高わーい(嬉しい顔)exclamation

この場所は網走湖のど真ん中の氷上。
写真が撮りたいけどあまり時間も無いので折り返し地点でインストラクターの人に
1枚撮ってもらいましたカメラ
2006流氷7.jpg
天気が良い晴れと一面の冬景色が堪能できます。

ちなみにスノーモービルを本格的に乗ってみたいという人は
北海道、美瑛の四季彩の丘で冬季にスノーモービルが体験出来ます。
何故ココを紹介するかと言うと、国内最高峰のスノーモービルマシンが揃っていて
【500ccクラスだったかな?。確かレーサー仕様のマシンがあるはずです。】
誰も足を踏み入れた事のない雪原のど真ん中を爆走する
超ロングツーリングも体験出来る、他では絶対味わう事の出来ないスポットだからです。
但し、お値段もそれなりにしますけどたらーっ(汗)
僕も1度、そのスノーモービルでロングツーリングを体験しました。
そのお話はまた後日に…。

スノーモービルを終えた後、少し休憩を取り網走駅へ。
13時25分発の釧網本線電車に乗ってJR北浜駅に向かいます。
目的地は北浜駅にある“喫茶停車場”。

ここで昼食レストランを済ませる予定。
2006流氷5.jpg
網走駅から20分弱で北浜駅に到着。
早速停車場に入ると、ほぼ満席。
と思ったらカウンター席が1つだけ空いていてそこに案内してくれました。
さすがに有名な店だけあって極寒の2月でも盛況です。

さて選んだランチは名物のオムライスレストラン
もう1つ有名なメニューにオホーツクラーメンがありますが、今回はオムライスにしました。
停車場オムライス.jpg
『いやぁ、美味いですわーい(嬉しい顔)。』

流氷は残念ながら沖の方にありましたが、いかにも北海道の冬雪を感じさせる場所です。
一面の雪景色に1両だけのワンマンカー電車が雪まみれになりながら駅ホームに入ってきます。
2006流氷8.jpg
【何故かこの風景がちょっと好きです】

ここが名所になる理由が良く解りました。
素晴らしい場所ですね、ここはわーい(嬉しい顔)

続く。。。


にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへにほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
↑ぽちっとな(o^-')b
posted by マサ at 04:40 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | ●北海道の旅(2006年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。